翻訳コーナー

2018/07/18

最大接続数でサーバーを維持する商用放送サイト

放送を最適に見えているようにごまかすには
1:サーバを過剰増設をする
2:接続数を設けて、それ以上ならエラーで見せない

という選択肢があります

日本は大抵「2」が多いです。
もともと、日本はIT技術離れが完了しており
雑なサーバ構成する以外方法を考えません。
その結果、ダウン祭りという面白い国です

ニコ生もその一つで、最大接続数(配信者も含める)を超えると
下記の映像を出します。

この画面がでたら、最大接続数を超えてしまっている証拠です。
最近の日本配信者は複数配信が多いです。
いろいろ同時に配信して、数千万さくっと稼いでいます。
もし、他サイトも並行していたらそちらをメインにするのも
人として効率のいい時代なのでしょう
SSL状況はこちら
裏を返すと、「googleが提唱するSSL化」をしていないコンテンツには
盛り上げる理由が存在しないと、プロファイリングする事もできます。

ちなみに、海外は「1」を選択する事が多く
利用者が少なくても、過剰設備はよくあります
利用する人が多いなら更に過剰増設。たまに連携ずれて
変になってる所もあるけど、時間がたつと快適になります

0 件のコメント: