2018/08/07

GTA5 ナイトクラブ 基本仕様4

ナイトクラブにはアクセス権限があります
そして、オーナーはそれを設定する事ができます。

・ナイトクラブに招待する:他のプライヤーを自分のナイトクラブに誘う
 事ができます。下記の他設定によって、プレイヤーの入場人数やクラブ入場料
 を音速に稼ぐ事ができます。

・入場料:ナイトクラブに入る際に料金を決めます。ほとんどのユーザは知らない
 感じですが、他の家物件やオフィス物件と違って許可なしで入る事ができます
 というわけで、入る事できますが、ここで1~100ドル設定しとけば
 入場料をとれて、無料だと自由に行き来できます。

・ドライアイス:もくもくやって神秘な感じにしたいですよね。そこでドライアイス
 ONにしてもっくもくにしましょう。

・ナイトクラブへのアクセス:お客さんがいてNPC達がたくさん踊っているスペース
 のアクセス権限です。DJが目の前にいてそこでふにふに踊ります。
 そのアクセスにどの範囲アクセス可能かというもの

・DJブースへのアクセス:演奏エリアに入る権限。どの範囲の人が入れるかを決める

・VIPエリアへのアクセス:これVIPって何ぞやって思うかもですけど。二階のスペースに
 特殊なエリアがあるんです。ナイトクラブの広告宣伝でNPCを連れてきた際に
 踊ってるスペースがあり、そこがVIPエリアです。

・オフィスへのアクセス:オフィスは、製品を売却したり広告宣伝をしたり
 DJを再雇用したりするPCがあるあのスペースと、配達用の入り口倉庫ですね
 そこのアクセス権限です。

・会員制クラブ:すごい意味深のこの機能。ただ単にお客を表示するかしないかだけで
 会員制クラブONにすると、DJとスタッフ以外だれーーーーもいなくなります。
 OFFにすると、人気に前後してNPCが増減します。

・ドレスコード:これ一瞬、プレイヤーキャラクターの装備に関係ありそうな意味深な
 表現。しかし、プレイヤー達はまったくもって関係なく、NPCの服装が統一させる
 項目です。

野良なんかで招待されていってみたら、入場料だけ取られて中に入れなかった
というケースがありますが、大抵入場料と、入場人数稼ぎの為の音速技と
されています。
基本的にフレンドのナイトクラブだけにしておくか、他人でも入場料
設定されていたら、一切入らない等の超臨機応変スタイルなら人としてゲーマー
として勝ち組でしょう。

0 件のコメント: