2018/12/17

Farming Simulator 19 作物用と餌用

いろいろな作物を育てて、収穫の時になった際には
作物用として収穫する
餌用として収穫する
の2択がでてきます。

作物用は、売却してお金を得るもの
餌用は、サイレージにかかわる材料
となります。

作物用は、車両の「収穫機」を使用します。
アタッチメントは「カッター」で刈り取ります。
一部例外として「ジャガイモの技術」「ピーツの技術」
「サトウキビの技術」「綿の技術」に、収穫機があります
アタッチメントにも同様の項目がありますが、種まきやトレーラーや牽引型の
収穫機とかいろいろ混じっていて、例外だけに説明のしようがありません。
これって何がめんどくさいかって、種まきは「シーダー」か「プランター」にある
という引っ掛けがあるんですよね。しっかりと見ましょう項目です
「収穫機」で収穫する時に、わらのウインドロウ機能のON・OFFが使える事があり
藁を回収する事もできます。
藁は、家畜の寝床になり育成するのに役立ちます。

餌用は、車両の「飼料コンバイン」を使用します。
アタッチメントは「飼料刈取機」で刈り取ります。
対象は主に、小麦・大麦・オーツ麦・キャノーラ・大豆で
サイレージの材料にする為に使われます
トレーラーを牽引できますが、HKD302がメインとなり
「サトウキビの技術」のサトウキビトレーラー(型番なしかよ)でもけん引
可能ですが、「飼料コンバイン」ってああいう扱いなのね…どーなってんのこの世界

「林業機械」は、後回しにします。
そして、作物用として回収したものは、列車に直接載せられます
どういう事かというと、作物として収穫する場合、「収穫機」の貯蔵庫に貯めこまれ
それが満杯になるまで収穫作業ができます。
農場サイロに保管したり、売却するには「トレーラー」が必要不可欠になります。
もしくは、一時保管用でも「オーガーワゴン」に乗せ換える必要があります。
そう「収穫機」の貯蔵庫は空にしておき、別収穫に備えるのが基本です。
んで、その「トレーラー」・「オーガーワゴン」の代わりに線路をフリーダムに
走ってる電車の貨物車両に直接積み込みできるのです。踏切は通行止め確定ですw


0 件のコメント: