ラベル 特性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 特性 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019/10/19

ルルアのアトリエ 回復する特性

前の記事で、後衛にいるとHP・MPが回復
するという事を書きました。

実は、3つまでつけられる特性枠を一つ
占領する事で毎ターン回復が得られるものがあります。
竜の再生力 行動時、HPが20、MPが10回復する (防具)
オーパーツ 行動時、HPが10、MPが20回復する (シンボル)
竜神の命 最大HPが30上昇し、行動時にHPが30回復するよう
     になる (防具)(装飾)

で、ある程度回復戦法は取る事はできるけども
正直な話、錬金調合アイテムで回復しまくったほうが
いいかなぁとは思う。

パッシブスキルにHP回復持ちが一つ
装備可能武器の錬金数値で発言するもので
MP回復発動が一つ確認済み。
でも、アイテムぶん投げで回復が主流だよねぇ…

2019/10/15

ルルアのアトリエ 特攻特性

特攻は、特定種類に対して
クリティカルを出す特性です。

キャラクターがもつ武器につけていく
ものです。
どれに効果があるのかは、当ててみないと
わからないかなぁと勝手に思ってます。

基本的に強い系が多い種族の特攻を
つけていったほうがいいかしらねぇ

2019/09/29

ルルアのアトリエ マテリアルダブル使えない

実は、グランマテリアルとアンチマテリアルは
ダブルで適応できません。

まず、グランマテリアルについてるカテゴリは
宝石・燃料・薬の材料・エリキシル
です。
錬金術アイテムの攻撃と回復につくのは
錬金術の極みがつきます。
インタラプトがいきなり使えるという覚醒効果です。

そして、アンチマテリアについてるカテゴリは
宝石・火薬・毒の材料・中和剤
です。
錬金術アイテムの攻撃の場合は、マテリアルバースト
アイテムの威力100%アップ。
錬金術アイテムの回復の場合は、サンクチュアリ
対象の数×3のAPを獲得した上に3回だけ
あらゆるダメージを20%軽減
となります。

そして、なんと…
この二つのマテリアを同時に適用するのは不可能なのです
カテゴリ覚醒でも、方法は存在せず
事実上、どちらかを選べの究極品なのです。
特性にあればいいのですが、覚醒の方に強力なのがついて
るので、致し方ない機能といえます。

2019/09/24

ルルアのアトリエ カテゴリ完全精査ではないんだよね

武器や防具をつけていつも思います。

特性と品質を考慮して作った武具…
これ失敗したり能力低下武具だったらさ
売るしか使い道ないじゃん

最近気が付いたのが
武器素材にオルゲンリウム指定で覚醒「金属」
防具素材にヒンメルリネン指定で覚醒「布」
にしないと、売るしか使い道がなくなるという罠が
わかったのよ。

調合システムの欠点って、
各武器・防具やアイテムにも
金属や布や木材のカテゴリも一緒にあったほうが
よかったよね。
(錬金杖)だけど、この武器は何を中心に作られ
てる設定だから、金属とか
そういうのがないのは少し調合システムは
優しくないかなとか今更思ってみる

失敗した時に無理やり再利用できないじゃん

2019/09/22

ルルアのアトリエ 特性だけは「引き継げるもの」

前回、これがあったらと書いたけど
原本用の中間素材として置いておけば、
調合失敗してもまだチャンスはあるって話
なんだよね。

このゲームって、調合の時に追加覚醒ができて
カテゴリを増やすことができるのよね
なので、原本があればいくらでもリカバリー
が可能というお話。

ただ、今のところはこれに調合するとリカバリー
効かないというのは聞いたことないかな
材料全部で見ると、勿体ない事になりそう
だけどさ。

ただし、カテゴリーを追加する為の覚醒
以外は他のものにくっつかないからその点注意
(MP回復とか)
追加できる所も、1スペース1つなので注意。
二つ以上材料選択した場合
どれを覚醒させるかを選択する必要があります

引き継げない理由として
PP足りなくて特性引き継げないオチとか
引き継げない部類に特性を引き継がせようとしたり
ね…
いろいろ注意点あります。あれはね…

2019/09/21

ルルアのアトリエ とある失敗物をあえて作る

錬金術には失敗した時はそのアイテムが調合されます。
失敗の灰は薬のもと
生ごみは錬金酵母
産業廃棄物は中和剤
壊れた道具は生きているナワ
をそれぞれわざと失敗する事で作れます。

それぞれ中間素材系ですね。
左上の属性を左に伸ばすと失敗判定になります。

失敗の灰はたまに代理で、レヘルン使ってます。


2019/09/18

ルルアのアトリエ これがあったら永久保存

というわけで、ルルアのアトリエです。

Sランクとか宝箱で大事にしたい…
いや永久保存版で、中和剤シリーズに保管
するなり、大量分身しとかないとやばいシリーズ
分身と表現しているのは、完成品が2個・3個できる
ものがあるので、その調合結果も含めて分身
とわざと表現してます。

共鳴する魂
一部の特性と合体させる事で、共鳴系の特性に変化
します。
その共鳴系は、戦闘開始時に前列3人の同名の特性
とお互いに共鳴してステータスをアップさせます。

必殺の技能
必中クリティカルか半分クリティカルのどちらかを
合わせる事で、攻撃用の錬金アイテムが凶悪に
変化します。

覚醒の因子
一部の特性と合体させる事で、最高位特性に変化
します。

神域の極意
引継ぎ特性PPが気になる方に
一部の特性と合体させる事で、最高位特性に変化
します。

この3つがあったら、原本用の中間素材を作成し
チムドラゴンに保管しておいてもらいましょう

各種中和剤を覚醒「水」付き散々特性をかき集め
調合した後に(水が材料なので無限ループできる)
覚醒「水」を実現する為に、予め蒸留水や精霊の涙が
必要。(カテゴリ水で水を覚醒するというなんという
無限ループ)
干し草経由の生きているナワを覚醒「エリキシル」付き

タール液
を作成する際に投入する(3種ともに中和剤必要)
と特性集めが楽になるのではと思います
*エリキシル経由では万能中和剤・虹
*神秘の力経由では特級中和剤・白
*毒の材料経由では特級中和剤・黒
各種3つに、覚醒「水」を忘れないようにする事で
中和剤同士で、特性をかき集められます。
まさに水で水を(ry